企業経営者の“いちばんの友人”でありたい

ウィッシュ

保険のはなし

『外貨建保険』『変額保険』

こんにちは。岐阜支店の平木です。

最近の保険の売れ筋ってご存じですか?

答えは『外貨建保険』と『変額保険』です。 なぜって・・・?

それは、この低金利時代に『どう資産を増やすか』という視点で、選択肢の1つとして検討される方が多くなってきたからです。
今日は、初心者の方向けに『外貨建保険』と『変額保険』の仕組みやメリットとデメリットを簡単に記載いたします。

『外貨保険』とは

払い込んだ保険料が外貨で運用される保険商品です。原則として保険料を米ドルや豪ドル、ユーロなどの外貨で払い込み、保険金、解約返戻金も外貨で受け取ることができます。
(保険会社によっては円で払い、円で受け取ることができます。)

【メリット】
円建て商品より高金利で運用され、円での運用より大きく成長することが期待できる
【デメリット】
基本は外貨で受け取るため、日本円で受け取る際に為替相場の変動がある。そのため解約返戻金や満期金が保険料の払い込み総額を下回る場合がある。

『変額保険』とは

外国為替取引や投資信託の仕組みを取り入れ、死亡保険金や解約返戻金、満期保険金額が運用に応じて変動する投資型の保険商品です。

【メリット】
運用にかかわらず、死亡保険金額について最低保証がある。また、運用結果によっては保険金額・解約返戻金・満期金額を増額して受け取れる。
【デメリット】
運用結果によっては満期金額が予定金額を下回ることがある。

運用には十分な注意が必要です

最近、お客さまから『手持ちの資金を増やせるものはないか』との問い合わせを大変よくいただきます。
ただ、保険はあくまでも保障がメインになります。あくまで、長期で保有していただくことを前提として、資産運用にもご活用いただけるという意味では、『保障』と『資産運用』の両方を兼ね備えた素晴らしい金融商品です。リスクを十分に理解されたうえで、長期的な運用をお考えの方には、ぜひ、おススメさせていただきます。

私のお客さまの中では、円高時に外貨建保険に加入され、ドル換算で払い込み保険料を上回り、さらに解約時期に円安になっていたことで、予定金額よりも多く満期金や解約返戻金が戻ってきた例があり、その際は大変喜んでいただきました。(受け取る際の金額によっては税金がかかるケースもありますので、考慮してご検討ください。)

もっとお伝えしたいことがいっぱいですが、詳しくはお近くのウィッシュ担当者にお尋ねください。外貨保険や変額保険の販売には、専門資格が必要ですが、保険総合代理店ウィッシュでは、リスクコンサルタント全員がこの保険販売資格を取得しております。

岐阜支店 平木
岐阜支店 平木

▶外貨保険・変額保険などの『市場リスクを有する保険商品への加入にあたって留意すべき事項』は、一般社団法人生命保険協会サイト内ページで詳しく解説されています。

投稿日:2022.05.20

最新エントリー

月別アーカイブ

保険のセカンドオピニオン

© 2015 WISH all rights reserved. (募集文書番号 22-T00481 作成年月:2022年5月)

ウィッシュ事業部
Pagetop

Menu

MENU